HAPTIC HOUSE/長尾隆行のブログ

たのしく綴る日記

2016年03月08日(火)

イエタテに掲載させて頂きました。 [掲載]

画像(360x270)・拡大画像(640x480)

2016年 春号 『イエタテ』(フリーマガジン)に初めて掲載して頂きました。
巻頭特集の『モデルハウスギャラリー』で、小山町の自宅兼ショールーム(予約制)を詳しく取り上げて頂いています。
カメラマンは、以前清水町のM邸や、三島市のT邸を撮って頂いた廣瀬さん。
ライターは、私の高校の同級生で、個人的にもオープンハウスを観に来てくれたりとHAPTIC HOUSEの家を熟知した永井さん。という、ゴールデンコンビに取材して頂き、今回のページが出来ました!

画像(240x360)・拡大画像(428x640)

色、デザイン、素材というHAPTIC HOUSEの特徴だけでなく、居心地良く暮らす為の性能についてもいろいろ書いて頂いてます。また、過去に設計させて頂いたお店も網羅されてます。
是非、一度手に取って観てみて下さいね。
配布先はコチラ
しずおかオンラインの西川さん、廣瀬さん、永井さん有難うございました!

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

HAPTIC HOUSEは、住宅、店舗設計を主にした設計事務所です。
ショールーム(小山町)&アトリエ(御殿場市)の営業時間は
am10:00〜pm6:00

見学希望の方は、まずはお気軽にお電話下さい。
携帯090-9201-1699

〒412-0045
静岡県御殿場市川島田1706-6
TEL 0550-70-6660
FAX 0550-70-6650
E-mail info@haptichouse.com
URL http://www.haptichouse.com/
代表:長尾 隆行

Posted by 長尾 at 13時55分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年01月29日(金)

御殿場市I邸 『土間リビングの在る家。』 [新築設計]

画像(242x360)・拡大画像(283x420)

富士山の麓の静かな住宅地。去年の夏から工事を進めてきた御殿場市のI邸が完成し、去年の年末にオープンハウスをさせていただきました。
一階には大きな土間リビング。小上がりのダイニングには、古い障子&格子戸が入り、新築ホヤホヤなのに、何故か懐かしい雰囲気が漂うI邸をご紹介いたします。

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

【所在地】御殿場市
【家族構成】夫婦+子供一人
【構造】木造在来
【性能】高気密・高断熱(外断熱)
【敷地面積】227.39u
【一階床面積】57.96u
【二階床面積】69.56u
【延べ床面積】127.52u(38.57坪)

写真は、外から土間リビングを覗いた所。
外部ー軒下ー土間ー小上がりのダイニングと緩やかに、外部から内部に繋がっています。

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

重厚な木製ドアを開けると。

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

まっすぐな土間スペース。

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

古い格子戸、障子をあけると、小上がりのダイニング。

画像(360x240)・拡大画像(640x428)
画像(240x360)・拡大画像(428x640)

キッチンから見ると、落ち着いた程よい広さのダイニング(茶の間)

画像(240x360)・拡大画像(428x640)

ダイニング脇には、子供のプレイスペース。

画像(240x360)・拡大画像(428x640)

外部のような、内部のような土間から、ダイニングを覗くと、

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

隣のお宅を垣間見ているような景色。

画像(240x360)・拡大画像(428x640)

まっすぐな階段室には、開いた小窓がチラ見。こちらも外部のような、内部のような空間に。

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

二階ミニキッチン付き、ファミリースペース。
ソファー後ろの壁は、杉板貼りになっていて、子供室の間仕切り壁と連続して続きます。

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

ミニキッチン脇には、ブルーのモザイクタイル。意図せず(笑)少し北欧チックに。

画像(240x360)・拡大画像(428x640)

階段室から見えていた小窓は、トイレの小窓だったんです。階段室の大きなフィックス窓から、小窓を経由してトイレに明かりが入ってきます。

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

子供室1

画像(360x240)・拡大画像(640x428)

子供室2 
子供室の間を可動壁(建具)で仕切って、プライベートを保つ設計になっています。プライベートを気にしないうちは広々我が者顔で遊ぶ事ができます!

I邸は、奥様のKちゃん主導で、打合せ時から収納や、家事動線、日常の住まい方を徹底的に考え、細やかに行き届いた収納や、二階の脱衣場から一階の洗濯機そばに落ちるシューターや、脱衣場のタオル掛けを押すと、一瞬でウォークインクローゼットに行けたり、二階床下に収納用ロフトがあったりと、とても工夫の凝らされた家となっています。

楽しく、過ごしやすく、主婦の目線で出来た家。
きっと家族も、子供も居心地良く暮らす事が出来るのでしょうね。

また、引っ越しも落ち着いて少し経ちましたら、住み心地をIファミリーに聞いてみたいですね。

今時期、土間に置いた薪ストーブが大活躍なんだろうな!

画像(180x120)・拡大画像(640x428)

HAPTIC HOUSEは、住宅、店舗設計を主にした設計事務所です。
ショールーム(小山町)&アトリエ(御殿場市)の営業時間は
am10:00〜pm6:00

見学希望の方は、まずはお気軽にお電話下さい。
携帯090-9201-1699

〒412-0045
静岡県御殿場市川島田1706-6
TEL 0550-70-6660
FAX 0550-70-6650
E-mail info@haptichouse.com
URL http://www.haptichouse.com/
代表:長尾 隆行

Posted by 長尾 at 16時54分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

2016年01月18日(月)

ガーデニング雑誌『BISES』(ビズ)に掲載していただきました。 [掲載]

画像(273x360)・拡大画像(311x409)

2012年12月にリフォーム工事、竣工していた伊豆市のM邸を『BISES 100号特別記念号』に掲載していただきました。
タイトルは『アンティークコレクションを生かしたリフォーム』
私自身、アンティーク家具、小物を使用した新築工事、リフォーム工事は数多く手がけているのですが、このM邸は過去最高に使用していて、建具、照明に関しては9割アンティークというお客様コダワリの現場でした。

画像(360x270)・拡大画像(640x480)

設計の第一段階は、そのお客様が長年集めてきた膨大なコレクションの把握、採寸という作業からはいりました。
雑誌の文章にも出ていますが『規格外のM邸』はまさに規格外で、建具、照明が9割アンティークだったんで、工事完成すぐでもいつもの初々しい空間ではなく、古民家を再生したようなシットリとした雰囲気につつまれた空間となりました。

画像(360x270)・拡大画像(640x480)

興味のある方は是非、BISE 100号を書店にて手にお取り下さいませ。
M邸の写真も、6ページにわたって掲載されてます。
また、特別号ですので『ヨーヨー・マとガーデンセラピー』など内容も盛りだくさんとなっております。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

HAPTIC HOUSEは、住宅、店舗設計を主にした設計事務所です。
ショールーム(小山町)&アトリエ(御殿場市)の営業時間は
am10:00〜pm6:00

見学希望の方は、まずはお気軽にお電話下さい。
携帯090-9201-1699

〒412-0045
静岡県御殿場市川島田1706-6
TEL 0550-70-6660
FAX 0550-70-6650
E-mail info@haptichouse.com
URL http://www.haptichouse.com/
代表:長尾 隆行

Posted by 長尾 at 13時40分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2016


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

プロフィール

長尾

HAPTIC HOUSE

長尾

住宅設計、施工、監理、店舗デザイン、家具デザイン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 HAPTIC HOUSE All rights reserved.