HAPTIC HOUSE/長尾隆行のブログ

たのしく綴る日記

2009年08月12日(水)

着々と。。。 [工事中]

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

三島で新築工事中のS邸【hanare】は、上棟後も着々と進んでいます。

大工さんは、沼津Y邸でもお世話になった「Ari&Shiro san Team」
今回も良い仕事してくれています!


写真は、外壁の下地で合板を貼っているところ。

画像(270x360)・拡大画像(480x640)

合板の上に、ガルバニウム鋼板を貼るとこんな感じに。
今回は、板金屋さんのNさん兄弟に無理をいってコーナーを手加工で曲げてもらいました。。
いつも、細やかで気持ちのいい仕事をしてくれるNさん兄弟、本当に頼もしい職人さんです。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

事務スペース⇦  ⇨ゲストルーム

内部は、今回うすピンク色の(普段はうす黄色なのですが)石膏ボードが貼られて、既になんか可愛い雰囲気に。

写真向かって右側が、ゲストルームスペース。
向かって左側が、事務スペースになっています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

ゲストルーム壁には、お客様がセレクトしたアンティークステンドグラスが嵌め込まれています。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

事務スペースには、Sさんこだわりのミニニッチが、横長窓の上の壁をくり抜いて出来ています。

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

そして、ロフト部分はグラフィックデザイナーでありながら、アーティスト(画家)であるSさんの念願のアトリエスペース。





一階床面積 9坪のこの【hanare】に
ゲストルーム、事務スペース、アトリエスペース以外にも、湯沸かしスペース、コピー&資料スペース、サニタリースペースがあるんです。

もし、【hanare】を【house】に置き換えるなら
ゲストルームをダイニングに、事務スペースをリビング、アトリエスペースを主寝室&子供室、湯沸かしスペースをキッチン、コピー&資料スペースをバスルーム&脱衣スペース、サニタリーはそのまま使えば、十分【house】として使えるボリューム、間取りなんだと感じています。

今回、半世紀も前に設計された増沢洵設計の「最小限住居」のボリュームの確かさを改めて確認することができました。



いよいよ先週には大工工事がおわって、今週から仕上げ工事に入っています。
予定では、今月竣工予定です。
この【hanare】も10月には、OPEN HOUSE開催予定です。
こちらも、お楽しみに!!!



画像(180x135)・拡大画像(640x480)

HAPTIC HOUSEは、
住宅、店舗設計を主にした設計事務所です。
ショールーム&アトリエの営業時間は
am10:00〜pm6:00

見学希望の方は、まずはお気軽にお電話下さい。
携帯090-9201-1699

〒412-0045
静岡県御殿場市川島田1706-6
TEL 0550-70-6660
FAX 0550-70-6650
E-mail info@haptichouse.com
URL http://www.haptichouse.com/
代表:長尾 隆行  


Posted by 長尾 at 21時11分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

トラックバック

トラックバックURL

http://www.haptichouse.com/blogdesign/tb.php?ID=157

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2009


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

プロフィール

長尾

HAPTIC HOUSE

長尾

住宅設計、施工、監理、店舗デザイン、家具デザイン

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2006 HAPTIC HOUSE All rights reserved.